ブルーアイス枝落とし

この木は、ブルーアイスといいます。

この時期になるとリースを作るために枝を切って使ってしまうので下の方の枝が無くなって姿が悪くなってしまい、また背も高くなってしまったので友人にお願いして枝落とし 3切ってもらうことにしました。

お隣さんの2階屋根より高くなっています。

下の方から枝落としして、最後の頃は2段梯子というのを登って切っていきます。

もう少しで枝落としを終える時、

「あっ!こんちは!」

と、上で誰にか挨拶しています。

誰にと思ったら、キジバトにでした。

目の前にいたそうです。下の方からチェンソー使って枝を落としているのに2羽寄り添ってじっとしていたのです。もう周りには少しの枝しか残っていません。

それ以上は枝落とすのをやめましたが、これから寒くなるのにこのまま巣に残ってくれるでしょうか?

キジバトの巣

 

枝落とし 2

枝落とし 1

ブルーアイス枝落とし” への1件のコメント

  1. T様はハシゴに登らず枝落とし、もしかして高所恐怖症?
    もう1人の方は二段ハシゴのてっぺんでトップハンドルのチェンソーを操っていますね、そしてヘルメット、もしかして本物の空師ですか?

コメントは受け付けていません。