水戸岡鋭治さん

ゆふいんの森号 扉グリーン水戸岡鋭治さんの名をご存じの方も多いと思いますが、九州を走る列車の数々と、いま話題になっている7つ星の列車のデザインをされている方です。

前にテレビの番組で見てからいつかは乗りたいと思っていたのですが、遂に念願かなって乗って来ました。

最初の写真はゆふいんの森の扉です。

ゆふいんの森号 扉赤外観と同じグリーンの色をしています。一枚ごとに色を変えた木でできたデッキを渡って次の車両へ移ると、隣の扉の色は赤い色になっています。奥に見える丸い筒は、化粧室になっています。室内の椅子、窓のカーテン、テーブル、テーブルの上のランプ、どこを見てもおしゃれでワインやチーズを注文して窓辺に並べれば、まるで豪華列車の旅の気分です。

鉄ちゃんではないけれど、水戸岡さんの作品は全部乗ってみたいなぁと思ってしまいました。

博多の駅でソニックといわれるブルーの特急も見たのですが、ブルーの車体のドアの内側の色は赤でした。

ランプとテーブル鉄ちゃんではないけれど、鉄ちゃんではないけれど、またまた博多の駅での事ですが、素敵な列車が目白押し・・(≧∇≦)、あっちのホームに移って写真をパチパチ、こっちに移ってまたぱちぱち、車内清掃中の列車にコソッと乗ってグリーン車をパチパチと沢山写真を撮ってきました。みんなに見て貰いたいなと思うどれも素敵な車両でしたよ。

私が乗ったのは、『ゆふいんの森』と、『あそぼーい!』のパノラマシート、それから熊本ー天草間を走る『A列車で行こう』(ホームにもこの曲が流れていました)です。どの列車にも素敵なお姉さま方が親切にお出迎えしてくれますし、車内でもいろいろ親切にして頂きました。A列車で行こう

特に『A列車で行こう』の列車の中はお店(バー)の中のようで、ハイボールを頼んでちびちび飲みながら乗っていました。

ホームでも車内でも多くの人がカメラを抱えてお気に入りのアングルでパチパチ撮っていました。

今回乗ることができなかったけれどステキな列車がまだまだ九州にはあります。今度はどれに乗る事ができるか楽しみです。A列車で行こう車内

鉄ちゃんではないけれど、鉄ちゃんではないけれど、鉄ちゃんではないけれど(#゚Д゚)ノ┌┛(ノ´Д`)ノ

もっといろんな列車の写真載せたかったなぁ~。

アレンジ 紫陽花

アレンジ 紫陽花素敵でしょ!!娘が貰って来ました。

プロの方が作った作品です。

紫陽花なんてとっても水揚げが難しいのに2日経っても生き生きしています。

色の組み合わせも絶妙ですよねぇ。尊敬してしまいます。

お陰で家の中が華やかになりました。

ジョウビタキの鳴く気温

ジョウビタキの鳴く時ジョウビタキ、ここのところ鳴き声が聞こえなくなってきたと先日書きましたが、今日気温が低かったせいか一日鳴いていました。

そのかわりこのところよく鳴いていた四十雀は姿がありません。

鳥達は気温に敏感なのでしょうか?

よく考えて見れば鳥達にかぎらず、虫達も花々も、そして人間も気温によって気分とか体調とか変わったりして、敏感に感じ取っていますね。

シジュウカラ

四十雀水仙と梅庭に四十雀が飛んできて暫くの間春らしい鳴き声を聞かせてくれました。

庭仕事の時、いつも近くの飛んできたジョウビタキは姿を見かけることが減り、チョット寂しくなります。

もうカエルの姿も見かけますし、蜘蛛も蝶も蜂もみかけるようになりました。

他の家より遅く顔を出すふきのとうも、今天ぷらにしたり蕗味噌にしたり、梅林に出てきた餅草(よもぎの事)で団子を作ったり。

梅林の梅は、花が終わりかけてますが、下に咲いている菜の花と水仙はこれからが盛り。

春爛漫と呼べる季節はもうすぐそこまで来ています。

 

 

森林組合の空師

高~い樹の上森林組合の方の作業現場を見ることができました。

遥か高~い木のてっぺん見えますか?望遠で撮った方見て下さい。下から枝を落としながら今てっぺんの枝を落としているところです。

こういう仕事をする人を、空師【そらし】というそうです。素敵なネーミングですね。もうすぐ80歳になる方だそうですよ。スゴイですね~!

でもこの作業を見る事ができたのは、とても素敵なことでしたが、この現場に来た本来の目的は、松ぼっくり、普通よりかなり大きなものでした。

 

木のてっぺんの空師大きなリースを作る時に使えますし、木の実自体素敵ですのでいろいろ使えそうです。

くださるというので、友達とたくさん頂いて来ました。

今度この実を使った作品をお見せ出来れば良いですね。松ぼっくりの比較大きな松ぼっくり

 

 

 

 

ロケットストーブ

ロケットストーブT氏の今日のお仕事は、ロケットストーブ作りです。

2個作るのだそうです。なんのために作るの?と聞いたらまた電気が来なくなった時のためだそうです。・・・もう2度とそういうことは有ってほしくないのですが 、震災の時は確かに何日も停電しました。

それでナニができるのと聞いたらお湯沸かしだそうです。電気がなくたって我が家には別に火鉢もヘッツイもあるんですけどね。

私の冷たい視線にもめげず2個作りました。最後にお湯を沸かしてお茶を飲んで満足したようです。

 

ロケットストーブで湯沸し

クロちゃん2匹!!

クロちゃん2匹見て下さい!クロちゃん2匹いました。

逃げちゃうかなぁ~と遠くから撮ったのですが、ちっとも逃げません。どうも下のクロちゃんが上のクロちゃんを追い詰めて、上のクロちゃんは逃げ場を失って木の上から降りられないようでした。

この間みーすけと居たのは下の猫ですね。名前をツヨグロちゃんとします。私を見て威嚇の鳴き声をあげています。

ツヨグロちゃんお腹に喧嘩した痕でしょうか?毛が無くなっているところがありました。いつも対戦してる喧嘩っ早い猫なんですね。木の上に追い詰められたクロちゃんは、まだ若そうです。キレイなふさふさした毛の色でした。

それで可哀想になって、下のクロちゃんを追っ払いました。嫌々ながらツヨグロちゃんが去っていった後、ヨワクロちゃんが木から降りてきて、私に感謝のスリスリをして去って行きました。ヨワくろちゃん

 

小道・路地

路地小道とか路地って、不思議な魅力があると思いませんか?

茨城県常陸太田市にある鯨ヶ丘商店街の周りにはそういう道がたくさんあります。もちろん素敵な坂があることでも知られていますね。

私はこういう道を見ると歩きたくなるのです。この道もとても素敵でした。どこに続いていたかって?それは秘密です。でもチョット途中の様子を紹介しますね。大きな桜の木があったり、井戸があったり、途中で曲がると、神社があったりするんです。板谷稲荷神社金が井桜の木

こういう道に名前があったらなぁと思います。吠える犬がいる家の脇を通るから『バウワウの道』とか、道にそって水が流れているから『せせらぎ小道』とか、大きな柿の木があるから『柿の木小道』とか、ワクワクしませんか?この小道の名前はナニが良いかしら?大きな桜があるから『桜木の道』ですかねぇ。

桜の咲いている時にまた歩いてみたいです。

 

切り干し大根

切り干し大根作りあけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

いよいよお正月休みも明け、通常の日々が戻って来ました。

今年最初の画像は、地味に切干大根作りの写真です。

初めていちょう切りで作る事にしました。どんな味になるのでしょうか。

正月準備

大根の種類大根にはいろいろな種類があります。

画像に写っているのは、左から紫大根(いただきもの)紫大根梅酢漬け・三太郎・正月用大根(お雑煮用に丸いまま薄切りにして使う縁起ものの大根)・青首・聖護院大根・聖護院かぶ(千枚漬けによく使われる)です。

紫大根は、梅酢漬けにしてみました。

聖護院蕪は千枚漬け、他に白菜を採って、長漬けと今漬け始まるとちょうど正月に食べごろになるかしらと、いろいろ漬物を漬け始まっています。

皆さんのオタクの正月料理はどんなメニューが並ぶのでしょうか?

今年は、ごぼうがとても良くできたので、ごぼうを使った料理を一品考えなくては(ちなみにT氏はごぼうが苦手です)と思っています。

白菜長漬け準備